看護師も思い切った転職が必要です

私は10年以上にわたり、歯の定期健診のために半年に1度、地元の尼崎市のかかりつけの歯医者さんに通っています。
そこは昔は大変に人気のある歯医者さんでした。
先生が1人と歯科衛生士の女性が4人ほどいて、5つある診療用の椅子がいつもいっぱいでした。

ある日、急に歯が痛くなって診てもらいたくて電話したのですが、
「来週ではだめですか?」
と訊かれたこともあったほどでした。(結局、無理を言って、翌日に予約を押しこんでもらいました。)
それが年数を経るにつれ、じわり、じわり、と患者が減っていきました。
5つあった診察用の椅子が1つ減らされ、2つ減らさ、3つだけになりました。
歯科衛生士も4人いたのですが、1人減り、2人減り、2人だけになりました。
最初のうちは、予約がとりやすくなって、私はむしろ喜んでいました。

定期健診のために2週間前に電話をいれると、
「その日はだめですが、翌日なら」とか、
「その時刻はいっぱいですが、1時間後ならあいています」
とか言われて、まずまず不自由はしなかったものです。

しかし、その後も凋落は続きました。
そこは土曜日も診察しているところです。
土曜日なんて、普通なら患者でいっぱいになるでしょうに、駐車場に車の姿を見ることもめったになくなりました。
定期健診のために2週間前に電話すると、
「いつでも大丈夫です」と言われる始末でした。

予約の日時に行ってみると、待合室はからっぽで、すぐに診察室に呼ばれました。
1時間ほどの検診中、患者は私だけでした。ひどく淋しい感じでした。
そうなると、なんだかすごく居心地が悪いんです。
(こういうところに来ていていいのかなあ。大丈夫なのかなあ)
と思ってしまいます。
きっと、他の患者さんでそんなふうに感じて、その歯科医を敬遠していった人も多いのではないでしょうか。

レストランでもあるでしょう? 寂れ始めて客が少なくなると、なんだか入りづらくなり、ますます店が寂れていく、といったパターンが。
その歯科医は昔は評判がよかったのに、なぜ寂れていったのか?
ほかに評判の歯科医が開業したという話も聞きませんし、原因はよくわかりません。
ただ、私としは次の定期健診をどうしようかなあ、と迷うばかりです。

私自身、看護師として総合病院で勤務しているのですが、以前に勤務していた尼崎市内の個人クリニックでも同じようなことがあり、今の総合病院へ転職しました。
⇒⇒⇒看護師求人尼崎
そのクリニックも、なぜか客足が遠くなり、看護師としてのやりがいも見失いかけていたからです。

今となっては、思い切って転職して良かったなぁと思います。

赤ちゃんを連れての外出にも慣れてきて 

抱っこ紐
子供が生まれて5か月になるのですが、なかなか子供と一緒に外出をするにはまだ慣れていなくてドキドキでした。

しかし、最近になって子供の首が座ったこともあり、だいぶ抱っこするときにも楽になったので、片手で子供を抱っこしてドアの開け閉めもできるようになったし、いろいろとできることが増えてきました。今まではちゃんと両手で抱っこしてあげなくてはならず、できることが制限されていたのでストレスに感じることもかなり多かったのですが、病院に連れて行くのにもだいぶ楽になりました。今まではおばあちゃんに一緒に小児科まで付いてきてもらって交代で抱っこしながらだったのですが、周りのお母さんたちはよく一人でつれてこれるなと感心していました。

姉からお下がりで抱っこ紐をもらっていたのですが、なかなか外出することもなく活躍していなかったのですが、家の中で一人で付けてみて予行練習的なことをしていました。抱っこ紐もいくらか首が座らないと不安なものでしたが今ではかなり首も安定して抱っこしてあげられるので安心です。少し遠出して買い物に行く時などにたまに付けるようになりましたが使ってみると子供も一緒に買い物に連れていけるし、両手もふさがらないしでらくちんなものだな!と感激しました。

いろいろできることが増えただけで心が軽くなったような気がして楽しい気持ちですし、子供を連れて外出するのに慣れてきただけで気持ちが明るくなり、今日は少し子供を連れてどこかドライブに行ってみようかなという気がわくようにもなってきました。

子供が生まれてすぐのころはミルクをあげて夜中に何回も起きてというのの繰り返しで、気持ちが疲れてしまっていたし、月齢が小さいほど外出のときは気を付けなければならないことが多くてかなり気を張っていたので、今はうそのようです。紅葉がきれいな時期になってきたのでまたどこかにドライブに出かけて子供に外の楽しさを教えてあげたいです。