フリーターを何とか抜け出すには経験や実績

フリーターと言っても色々ある訳ですが、勿論その動機たるやも様々でただ生きていくという為に、自分が本当はしたくもない仕事も生活の為にしているなど本位ではない場合もありますね。これは正規でも一緒である訳ですが、決定的に正規とは違って保証がない。そういう意味ではただ生きていく為にというフリーターは、やはりなんとなく長続きしないのではないだろうか。

このフリーターというのを将来の投資と考えて、賃金が安くてもいいから仕事の機会を得たい。例えばWEBやデザインの関係はそれにあたるのではないでしょうか?あるいは免許をとったものの、経験がないがために就職機会にありつけない。そこにもどかしさを感じるのは私は経験してきました。WEB業界やデザインにおいては、何より実績や経験を求める事が多いですね。これはWEBという業界が、企業の大小があり大きな会社は割合若ければ会社として育てて、かりに簡単なコード程度しか書けないレベルでも企業体力がそこにあれば出来るのですが、価格競争の激しくなった最近ではその大手でも態々人を育てるだけの企業体力がない事があります。

こうした業界で面接時に必ず聞かれるのが実績です。それがない場合、自分で作品を作る他ありません。しかしこれは凡そフィクションで手探りでやっていますし、企業によっては実績は実績。作品は作品と切り分けてあまり意味がないと考える企業もあります。おおよそどの程度のスキルがあるかは確認出来ますが、独学レベルであるとやはり少なくとも専門学校を出たようなしっかりとした技術がない場合もあります。

そういう意味ではアルバイトでもいいから、こうした道を志している人は賃金とは切り離し実績や経験を得る為にフリーターという選択肢も十分ある訳です。そこである程度実績を認められれば、正規としても考えられる事もあります。最終的なデレクションまでの道は、最初から正規の人と比べると遠いですが、如何にして弱者側が強者側に回るのか戦術として利用するのもいいかもしれません。そして、経験と実績を積んで、フリーターを何とか抜け出したい!※中途採用で正社員になる方法といったサイトを参考に、実際に正規雇用を目指すのがフリーターを抜け出す一番の近道だと思います。